版築壁ワークショップ

武蔵境の家のキッチン壁を版築という工法でつくりました。
版築の歴史は古く、法隆寺の塀などにも使われていて、土と砂利と石灰を混ぜて、上から突き固めてつくります。

土の知識のないものだけでは難しい為、左官職人の都倉達弥さんに型枠と土の調合や風合いはお願いして、たたき具合なども指導して頂きながら、集まった皆でひたすら突き固めていきました。

 

仕上りイメージのサンプル。
今回は右側の色で作成します。
hanchiku0

 

 

土の調合。
真土、淡路の土、砂利、石灰が混ぜ合わされていきます。hanchiku2hanchiku3

 

 

突き固める道具。
ハンマーへ鉄板を溶接したものを特別に作っていただきました。hanchiku4

 

 

型枠へ先ほど調合した土を入れていきます。
hanchiku5

 

 

20㎝ほど土を入れたところで、10㎝になるまで突き固めます。
hanchiku6

 

 

見事に圧縮されています。
hanchiku7

 

 

その上にまた土を入れて、また突き固めていきます。
hanchiku8hanchiku9

 

 

これらを繰り返して型枠の最上部まで到達です。
hanchiku13hanchiku14

 

約一週間養生期間を経て型枠を外して版築の表情があらわれました。
最終的にはこの上へステンレスの天板を取り付けてキッチンが出来上がります。
hanchiku15 hanchiku16

 

 

版築壁の上へステンレスのバイブレーション仕上げの天板を被せてキッチンの完成です。
IMG_5932

 

PAGETOP
Copyright (C) DIMPLE Architects All Rights Reserved.