千歳烏山の家

敷地は住宅密集地で、隣接して3方向に建物が建っていた。前面道路は北側で直射日光がまったく入らない上に、
道路向かいにはマンションの南側バルコノーが迫っている。だから道路側へ無理に開口を設けても、一日中カー
テンを閉めっぱなしの生活となってしまう。またトップライトを設けただけでは家族4人の希望している各部屋と
家全体に日光は届かない。

そこで近隣の窓を避けてヴォリュームの真ん中を抜き取るように1.8mの幅でごっそりと切り取り、3方ガラスで
覆って外のような空間を挟み込んだ。その結果、それぞれの部屋が独立して、抜き取られた吹抜部分へ窓やドア
が接することで日光を直接取り入れることが可能となった。吹抜の上下に設けた通風窓により、重力換気を利用
した風の通り道にもなっている。

切り取られた吹抜部分は、晴れた日には3方向から時間と共に光が移ろい、空のグラデーションが広がり、雨の日
にはトップライトに波紋があらわれては消えたりと、住宅密集地で環境を映し出す場所となった。

建築用途//専用住宅
所在地//東京都世田谷区
竣工//2014 .08
主体構造//木造3階建て
敷地面積//91.33㎡
建築面積//44.90㎡
延床面積//94.46㎡

Photo: momoko japan
家具 : STUDIO ANAGRAM
施工 : (有)サンテック

PAGETOP
Copyright (C) DIMPLE Architects All Rights Reserved.