キャンプベース小屋

 

三重県志摩市にある国立公園指定された場所での小屋づくり。

敷地は地域の住民からも忘れ去られたかのように、約40年の間塩漬けになった遊休地。
アプローチは鬱蒼としていたが、急坂を頂上まで登ると英虞湾が眼下に広がるプライベート空間が広がっていた。
そんな場所にテントを張れたり、バーベキューができるデッキテラスと、キャンプ道具を収納できる小屋を計画した。

小屋の配置は一辺で最大限に英虞湾を見渡せるように、開く部分をデッキに対して斜めに配置した。
ヴォリュームはそのままつまみ上げたようなかたちで空間を立ち上げて、三重県産材の杉で覆っている。

所在地//三重県志摩市
主体構造//木造平屋建て
床面積//10㎡
WEB//http://shimakoya.wp.xdomain.jp/

施工 : (株)いとうともひさ
木材:松坂木材(株)
Photo: DIMPLE Architects

PAGETOP
Copyright (C) DIMPLE Architects All Rights Reserved.